会社について

上場していますか?

2017年2月22日~3月22日までのCKホールディングス株式会社(当時)による公開買い付けの完了に伴い、CKホールディングスは、カルソニックカンセイ(当時)の総株主の議決権の90%以上を所有するに至ったことから、カルソニックカンセイ(当時)は完全子会社となり2017年5月8日をもって、東京証券取引所第一部より上場廃止となりました。

マレリについて教えてください。

2019年5月2日、カルソニックカンセイ株式会社(当時)の持ち株会社であるCK ホールディングス株式会社(当時)は、フィアット・クライスラー・オートモービル・N.V. (「FCA」)(NYSE: FCAU/MTA: FCA)より、マニエッティ・マレリS.p.A.(当時)の買収を完了しました。統合後の持ち株会社は、マニエッティ・マレリCK ホールディングス株式会社となりました。この統合により、世界をリードする独立系自動車関連サプライヤーが誕生しました。
2019年5月10日、カルソニックカンセイ(当時)とマニエッティ・マレリ(当時)は、世界共通のブランドとして「マレリ(MARELLI)」を採用しました。今回のブランド統一は、2社が確実に統合を進め、世界規模で効果的に事業展開を進めるための重要な一歩となりました。マレリは、欧州、北米および南米、アジア太平洋地域に約170の工場と研究開発拠点を有しています。
2019年10月1日、カルソニックカンセイ(当時)はマレリ株式会社に社名を変更しました。マニエッティ・マレリ(当時)はマレリ・ヨーロッパS.P.A.に社名を変更しました。

ロゴについて

マレリのロゴの由来を教えてください。

新しいロゴは、両社がお客様とともに長年築いてきたイノベーションとモノづくりの歴史に敬意を表し、両社のコーポレート・カラー(旧カルソニックカンセイのライトブルーと旧マニエッティ・マレリのダークブルー)を採用しています。
ロゴは2つの幾何学的図形で形成され、高い精度のエンジニアリングと技術力を表しています。さらに、上向きの2つの矢印は発展と未来を表すと同時に、2つの強い企業が調和の精神のもとで1つになることを意味するものです。

ロゴを使用したいのですが。

当社ロゴにつきましては、一般のお客様のご使用は許諾しておりません。ご了承ください。

製品・用品について

使用している車のマレリ(旧カルソニックカンセイ)製品について問い合わせしたいのですが。

当社は主に企業向けに製品(OEM製品)を提供しており、当社製品は自動車の一部として搭載されております。
製品仕様やアフターサービスについては、お買い上げいただいた自動車販売店にお問い合わせください。当社ではお答えできかねます。また、修理店様などへの直接販売も行っておりませんので、予めご了承ください。
市販製品につきましては、下記をご参照ください。

市販品を購入したい場合はどのようにしたらよいのですか?

市販品については、シーケー販売(株)にお問い合わせください。
シーケー販売(株)
www.calsonic.jp
〒331-8501 埼玉県さいたま市北区日進町2-1917
TEL.048-660-4330

モータースポーツについて

モータースポーツのスポンサーを始めたきっかけは何ですか?

モータースポーツでの過酷な環境を製品開発の場と捉え、総合自動車部品メーカーとしてより多くの方に知っていただくため、1982年当時『日本一速い男』と呼ばれた星野一義選手へスポンサードすることとし、『グループ5ニチラ インパル 日産シルビアターボ』のレースカー名で参戦しました。

SUPER GT以外のレースにスポンサーをしていますか?

現時点ではSUPER GTシリーズ GT500クラス以外へのレースには出場しておりません。レーススケジュールは、本webサイトのモータースポーツページでご覧いただけます。

F1チーム「McLaren Formula1 Team」のオフィシャルサプライヤーとなったのはいつですか?

2016年3月に、マクラーレン・テクノロジー社と契約締結をしております。

「McLaren Formula1 Team」へ提供している製品を教えてください。

複数の熱交換器製品を提供しています。

調達について

サプライヤーはどのように選定していますか?

Q(品質Quality)・C(コストCost)・D(納期Delivery)・D(開発力Development)・M(マネジメント力Management)の要求を満足し、安定的な取引関係を構築できるかどうかを総合的に勘案し、選定を行っております。

新規取引はどのようにすればできますか?

貴社の強みと優位性が客観的に分かるご提案をいただき、当社が、当社が求める取引が実現出来ると判断した場合にお取引を開始させていただきます。
当社では自動車部品にかかわるグローバル調達を実施しております。当社webサイトをご覧いただき、当社の事業内容は取扱製品を十分にご理解いただいた上で、競争力のあるご提案いただければと存じます。ご連絡は下記フォームよりお願いします。

デューディリジェンスの対応をしていますか?

今後日本国内のサプライヤー様より順次導入中です。今後は日本のみならず、グローバルで対応すべく準備を進めております。対象となるサプライヤー様に連絡させていただいております。

上記以外のご質問

上記以外のご質問については
下記よりご連絡ください。

お問い合わせフォーム