人権に関する基本方針

カルソニックカンセイグループ(以下「CK」)は社会的責任に関する「CSR方針」に基づき、従業員の基本的人権を尊重する企業風土醸成と職場環境の整備に努めます。
また本方針はCKの今後の活動全般における方向性を示すものであり、CKは全てのステークホルダーの潜在的、また実態としてのリスクの把握ならびに回避・低減と予防に努め、この方向性の実現に向けて必要な改善に取り組んでいきます。

1. 国際規範の尊重

CKは「国際人権章典(世界人権宣言、国際人権規約)」「ビジネスと人権に関する指導原則」「グローバルコンパクト」「労働の基本原則及び権利に関する宣言」等の国際規範を尊重し、支持します。また関係する各国の法令や規則を遵守し、基本的人権の保護に努めます。

2. 適用の範囲

本方針は、CKの役員及び従業員に適用します。またお取引先及び関係者に対しても「サプライヤーCSRガイドライン」の展開等により働きかけを行い、ご協力を御願いします。

3. 人権リスクの特定

CKは、「リスク管理委員会」活動を通じて、グループ企業を含め自社の事業活動に伴う様々なリスクについて、その把握と軽減・回避に努めます。特に、人権リスクについては、グローバルな活動の中で地域的なリスクも含めて特定し、管理します。

4. サプライチェーンの人権デューデリジェンス

CKは、「サステナビリティ・デューデリジェンス」の仕組みを継続的に構築し、活動を行います。その中でお取引先の人権リスクについても確認します。是正が必要と判断される場合には、改善を御願いし、指導を行うこともあります。人権デューデリジェンスに関わる部門に対しては専門教育を行い、サプライチェーンの人権リスク等の特定に資する能力開発に取り組みます。

5. 教育・啓蒙

CKは、定期的なメールや社内イントラネット、セミナー等を通じて、グループ全社員に向けて継続的に人権に関する啓蒙を行い、企業風土の醸成に努めます。

6. 人権についての重点方針

CKは、次の項目を【人権についての重点方針】として定めます。CKはこの重点方針のもとに職場環境の整備に努め、実態との矛盾の回避・解消に取り組んでいます。
またこの重点方針は「サプライヤーCSRガイドライン」の中に織り込んで、お取引先にも展開し、遵守についての協力を御願いします。

【人権についての重点方針】

1. 差別

あらゆる雇用の場面(採用、雇用、昇進、給与、解雇、退職、業務付与、懲罰等)において、人種・国籍・性別・性的指向・性自認・宗教・身体障がい・年齢・民族性・遺伝、その他を理由とする差別を行わない。

2. 人権尊重

人種・国籍・性別・性的指向・性自認・宗教・身体障がい・年齢・民族性・遺伝、その他を理由とする、職場におけるいかなる形態のハラスメントも許さない。

3. 児童就労の禁止

各国・地域の法令による就労可能年齢に達しない未成年の就労は認めない。

4. 強制労働の禁止

すべての労働は自発的であること、および従業員が自由に離職できることを確実に保証し、強制労働は行わない。
(注)「紛争鉱物」に関しては継続的にデューデリジェンスを行い、責任ある鉱物調達に関する法令を遵守する。(サプライヤーCSRガイドラインにも記載)

5. 賃金

最低賃金、超過勤務、同一労働・同一賃金、賃金控除、出来高賃金、その他給付等に関する各国・地域の法令を遵守する。

6. 労働時間

従業員の労働時間(超過勤務を含む)の決定、および休日・年次有給休暇の付与その他について、各国・地域の法令を遵守する。

7. 従業員との対話・協議

団体交渉権を認め、従業員の代表、もしくは従業員と、誠実に協議・対話する。 従業員が自由に結社する権利または結社しない権利を、事業活動を行う国・地域の法令に基づいて認める。

8. 安全・健康な労働環境

従業員の職務上の安全・健康を最優先とし、労働災害の防止に最善を尽くす。


2016年4月1日制定